エリザベス 2世の肖像 パート III | Arrow Tokyo

エリザベス 2世の肖像 パート III

Share
エリザベス2世の肖像をあしらった紙幣の収集はその経験を問わず、いかなる収集家にとっても大いにやりがいのあるものであると言える。『女王の紙幣』収集には様々な面があり、数多くの収集家たちがざっくばらんに、だが親しみを込めてこの収集分野について。語っいる 29の国と地域、紙幣発行期間中に名称が変わった場合を含めると33の国と地域で女王の肖像をあしらった紙幣が発行されており、発行を念頭に見本、プルーフ紙幣、モックアップを作成したものの発行には至らなかった場合を含めると現在35の国と地域に及んでいる。女王の肖像は、王女時代の肖像から現在の女王としての肖像まで、その治世にわたって何度も変化している。現在でも15ヶ国において何らかの形で女王の画像をあしらった紙幣の発行・流通が行われている。現在の貨幣収集の世界において、このテーマより大規模で、多様性に優れ、またほぼ間違いなく美しいものはないであろうし、今後もこのようなテーマが現れることはないであろう。ラッセル・ウォラー

 

 
肖像10
元の肖像の作成: 
1960年頃
作者ロバート・オースティン

これはイングランド銀行発行の紙幣で最初に使用された国王の肖像である。この肖像の作者はロバート・オースティンで、イングランド銀行発行「C」シリーズの紙幣のうち10シリング紙幣と1ポンド紙幣のデザインに使用された。オースティンは1956年5月1日にバッキンガム宮殿で行われた写真撮影で撮影された女王の写真を入手し、肖像作成を開始した。使用した写真はドロシー・ワイルディングのシニアアシスタントによるものである。ただし、オースティンは、この写真撮影で撮影された写真のうち特定の1枚からこの肖像を作成したのではなく、複数の写真を総合して作成している。これらの紙幣で使用されている肖像の女王はジョージ4世・ステート・ダイアデム、ビクトリア女王のコレット・ネックレス、メアリ王妃のフローレット・イヤリングとドーセット・ボーブローチを身に着けている。1901年に死去したビクトリア女王が遺したこのネックレスにはガーターバッジと儀式用の剣で使われていたダイアモンドがあしらわれている。ドーセット・ボーブローチはカリントン&カンパニー製作で、1893年にメアリ王妃が結婚した際にドーセット州から結婚祝いとして贈られたものである。メアリ女王は1947年このブローチを結婚祝いとしてエリザベス王女に贈っている。オースティンによる肖像の彫刻は、ブラッドベリー・ウィルキンソン&カンパニーのR・ゴッドビヒアによるものである。これらの紙幣が発行された当時は、この肖像に関し幅広く批判があった。

この肖像の使用:
イングランド銀行 -- No. 373および374
肖像11
元の肖像の作成:
 1963年頃
作者: レイノルズ・ストーン

ロバート・オースティンによる女王の肖像(肖像10)の評価が低かったことを受け、イングランド銀行では、「C」シリーズのより高額な紙幣に向け、新しく女王の肖像を準備することとした。この肖像はレイノルズ・ストーンによるもので、「C」シリーズの紙幣のうち5ポンド紙幣と10ポンド紙幣のデザインに使用された。この肖像の彫刻は、ブラッドベリー・ウィルキンソン&カンパニーのアラン・ダウによるものである。オースティンによるこの肖像の女王は、ジョージ4世・ステート・ダイアデムとパールの三連ネックレスを身に着けている。女王はこのパールのネックレスを非公式な場やセミフォーマルな場で好んで身に着けている。このネックレスは、1935年5月6日のジョージ5世在位25周年記念にあたり、国王からエリザベスに贈られたものである。

この肖像の使用:  イングランド銀行 -- No. 375および376
肖像12
元の肖像の作成1964年頃
撮影者: ダグラス・グラス

ガーター騎士団のローブとレガリアを身に着けている女王を描写したこの肖像は、ロンドンのダグラス・グラスによる写真を基にしている。この写真は、1966年に発行された1ドル紙幣に使用する彫刻を準備するための肖像として豪州準備銀行から特に委託されたものであった。この1ドル紙幣のデザインはゴードン・アンドリュース氏が行った。女王はビクトリア女王のゴールデンジュビリー・ネックレスを身に着けている。ガーター騎士団のローブの下にネックレスを身に着けた女王を描写した、数好きない肖像のうちの1つである。女王はまた、アレクサンドラ王妃のクラスター・イヤリングを身に着けている。このイヤリングは宝石商ガラードが製作したもので、後の国王エドワード7世が結婚時に花嫁であるデンマーク王女アレクサンドラに贈ったものである。

この肖像の使用: オーストラリア -- No. 37および42
肖像13
元の肖像の撮影: 1960年10月
撮影者: アンソニー・バックリー

この女王の肖像はインド・パキスタン訪問を前に撮影された写真から作られたものであり、より広く用いられている女王の肖像のうちの1つである。女王はアレクサンドラ王妃のココシュニック・ティアラとメアリ王妃のフローレット・イヤリングを身に着けている。ロシアン・フリンジ・ティアラとも呼ばれることもある、このココシュニック・ティアラは、ロシアの農民の娘が頭につけるヘッドドレスのスタイルを踏襲している。ココシュニック・ティアラのデザインはアレクサンドラ王妃の妹であるロシア皇后が所有していたティアラが基になっている。ガラードが製作したこのティアラではプラチナのバー61本に488個のダイアモンドがあしらわれている。
このティアラは当時まだ王女であったアレクサンドラ王妃に対し銀婚式を記念して贈られた。イギリス領土内の貴族の女性365名が贈り主であった。フェストゥーン・ネックレスには、国王ジョージ6世の求めにより、即位時に国王が相続したダイアモンドのうち105個のダイアモンドがあしらわれている。


この肖像の使用:
ニュージーランド -- No. 163~168
バミューダ -- No. 23~33

ケイマン諸島 -- No. 1~11
ジブラルタル -- No. 20~24
ジャージー -- No. 11~14
ベリーズ -- No. 38~50
これまでに紹介した、イングランド銀行発行の紙幣で描かれた女王の肖像と同様、この女王の画像も既存の肖像に基づいたものではない。元となっている女王の肖像は同銀行発行の「D」シリーズのデザインを担当した、ハリー・エクルストンが製作している。この肖像からは3つのバージョンが作られている。以下に解説している2つのバージョンの前に、エクルストンは女王の肖像をもう1つ準備していたが、その肖像を使用した50ペンス紙幣と10シリング紙幣は発行されなかった。この未使用となった肖像は肖像14bと類似しているが、未使用の肖像での女王がダイアデムではなく、ガーター騎士団の正装で着用する帽子を着用している点で異なっている。

元の肖像の作成: 1956
作者:  ハリー・エクルストン

肖像14a
このバージョンは「D」シリーズの10ポンド紙幣、20ポンド紙幣、50ポンド紙幣で使用された。この肖像では儀礼服の女王がジョージ4世・ステート・ダイアデム、ビクトリア女王のゴールデンジュビリー・ネックレス、アレクサンドラ王妃のクラスター・イヤリングを身に着けているところが描写されている。このネックレスはビクトリア女王の即位50周年を祝うため、「ウィメン・オブ・ザ・ブリティッシュ・エンパイア」からの寄付金で購入された。このネックレスがビクトリア女王に贈られたのは1887年6月24日である。このイヤリングは宝石商ガラードが製作したもので、後の国王エドワード7世が結婚時に花嫁であるデンマーク王女アレクサンドラに贈ったものである。

この肖像の使用: イングランド銀行 -- No. 379~381
肖像14b
このバージョンでは、ガーター騎士団のローブ、ジョージ4世・ステート・ダイアデム、アレクサンドラ王妃のクラスター・イヤリングを身に着けている女王が描かれている。この肖像はイングランド銀行発行の「D」シリーズのうち1ポンド紙幣、5ポンド紙幣で用いられている。

この肖像の使用イングランド銀行 -- No. 377および378
このグループに分類される肖像は、アンソニー・バックリーによるオフィシャルポートレートである。これらの彫刻の元となった写真が生まれた撮影からはまた、郵便切手に採用された類似の肖像が数多く撮影された。この肖像では、女王はビクトリア女王のコレット・ネックレスとイヤリングを身に着けている。(このネックレスは肖像10にも描写されているが、揃いのイアリングは同肖像では使用されていない)イヤリングのドロップは女王所有のティムール・ルビー・ネックレスで使用されていた石である。また、この肖像では、女王に授与されたロイヤル・ファミリー・オーダーのバッヂが2つ青いサッシュに付いていることが分かる。ロイヤル・ファミリー・オーダーはジョージ4世が導入したもので、ファミリー・オーダーはジョージ4世の後継者たちそれぞれに贈られてきた。オーダーはロイヤルファミリーの女性たちが身に着けるものである。エリザベス女王は祖父であるジョージ5世のオーダーの上に、父であるジョージ6世のロイヤル・ファミリー・オーダーを身に着けている。この肖像では、ジョージ5世のロイヤル・ファミリー・オーダーは省略されている。

この肖像の使用: 1966年頃
撮影者: アンソニー・バックリー


肖像15a
この肖像の1つ目のバージョンでは、女王のまっすぐに伸ばした頭の角度で区別することができる。
この肖像は当初ブラッドベリー・ウィルキンソンが使用していたが、後に紙幣の準備を引き継いだデ・ラ・ルーが使用した。

この肖像の使用:
マン島 -- No. 28~38および40~43
セントヘレナ -- No. 5~10
肖像15b
フィジーの紙幣で使用されているこの肖像では、女王の頭の角度が、マン島およびセントヘレナでの紙幣で使用された肖像のそれとは若干異なっている。常にはっきり分かるとは限らないが、女王の頭の角度が若干異なっている点で見分けることができる。この肖像が使用されている紙幣はブラッドベリー・ウィルキンソンが準備したものである。

この肖像の使用: フィジー -- No. 78~87
肖像15c
このバリエーションはデ・ラ・ルーが準備したフィジー紙幣の修正版で使用されている。この肖像では女王はまっすぐ前を見ているため、他のバージョンとははっきりと異なっている。

この肖像の使用フィジー -- No. 68~77